忍者ブログ
時々。
3分の1の書く、短いお話。突如思い付いた言葉。ネタ帳とも言う。みんな、そのうち、ブログで本格的に連載とか出来たら嬉しいな。まぁ、遠い話だけどね。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
3分の1
性別:
非公開
自己紹介:
不特定少数。特定多数。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/10)
(11/12)
(11/16)
(11/26)
(12/06)
14 13 12 11 10 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「**がいなきゃ生きていけない。」

 そう彼が言えばいいのに・・・。

 そんな事はあり得ない。だって、私なんかがいなくたって彼は生きていける。私という存在なんて、彼の生命維持になんの関わりもない。
 でも、私はどうかな?
 私は、きっと・・・いや、絶対に彼がいなきゃ生きられない。

 そんな事を考えた日々もありました。依存して、幸せだった。でも、それは私に永遠なんてないと教えてくれた。飽きられたゲーム。忘れられたヒロイン。あの人にとってはそれぐらいのちっぽけな存在。私は、ヒロインにはなれなかった。

 「**がいなきゃ生きていけない。」

 **はもう死んでしまいました。名前を思い出そうにも、私には思い出すという行為が分からない。

 目の前に置かれた黒い手紙。赤の蝋で丁寧にバラの刻印までついている。それだけで、誰からの者か分かる。なぜなら、この世界にこんな手紙を送ることが出来るのは一人だけだからだ。

 私に使命を。
 兄弟の中で最も感情を知っている私だからこそ出来る仕事を。


 私の名前はCentifolia。
 この庭を美しく保つ事の出来るただ一人の庭師。R.の“希望”。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: